クラブ名称 米子南ロータリークラブ
会長(2018-19年度) 本田 雅一
副会長(2018-19年度) 坂本 高司
幹事(2018-19年度) 坂口 元昭
スポンサークラブ 米子ロータリークラブ
創立総会 1985年8月26日(昭和60年)
初例会 1985年8月26日(昭和60年)
RI認証 1985年10月1日(昭和60年)
認証状伝達式 1985年11月23日(昭和60年)
創立時ガバナー 守屋 清(倉敷)
ガバナー特別代表 稲田 松太郎(米子RC)
初代会長 坂口 允彦
チャーターメンバー 40名(内現在会員10名)
事務局 米子市加茂町2丁目204番地
米子商工会議所5F
(TEL)0859-33-6393
(FAX)0859-33-0077
E-mail: info@yonagominami.com
例会場 米子市久米町53番2号
ANAクラウンプラザホテル米子
(TEL)0859-36-1111
(FAX)0859-36-1115
例会日 月曜日 12:30 ~ 13:30
ビジターフィー ¥3,000-
事務局員 入江 弘美

1985年 創立総会・認証状伝達式(チャーターナイト)
1990年 創立5周年記念事業(米子東山野球場レリーフ贈呈式)
1993年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
1995年 創立10周年記念式典
1996年 第500回記念例会
1997年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
2000年 創立15周年
2004年 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2005-06年度 創立20周年記念式典・記念事業(「南の森」里山保全活動)
2006-07年度 地区GSE米国研修リーダー(笠置会員)
2007-08年度 第1000回記念例会
2008-09年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2009-10年度 「南の森」歴代会長記念植樹
2010-11年度 創立25周年 東日本大震災支援活動
2011-12年度 交換留学生派遣(1名/米国へ)
2012-13年度 交換留学生受入(1名/米国より)
2013-14年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
米子南RC杯・米子市学童軟式野球大会開始
2014-15年度 「南の森」しいたけプロジェクト
2015-16年度 創立30周年記念式典・記念事業

会長所信

2018-2019年度RI会長テーマ「インスピレーションになろう」
BE THE INSPIRATION=一生懸命、しっかりやろう
バリー・ラシンRI会長はテーマ講演の中で、「ロータリアンの魂、すなわち、より良い世界への切望、そしてより良い世界をつくる事は可能だという、心の奥深くにある真の自覚を呼び起こすことから始めて下さい」と伝えています。そして、「インスピレーションになろうというテーマと共に」とも言われました。

ロータリーの初期は、会員が親睦と友情を見つけ、地域社会で人々とのつながりを築く方法を提供していました。ロータリー=奉仕=家族、地域社会の変化、そして世界最大の官民協同による保健の取り組み「ポリオ撲滅」にも乗り出しました。ロータリーは、この地球上のあらゆる国の人達が手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。
しかし、残念なことにロータリーがどんな団体で、どんな活動をしているのかを十分に理解している人は多くはありません。地域にいるそれぞれのロータリー会員がクラブについて十分に理解し、奉仕が地域社会を変え、真に変化を生み出す活動をもっと実現させたいと思います。

国際ロータリー2018-19年度第2690地区末長範彦ガバナーのスローガンが「チャレンジしよう」です。地区目標として☆会員純増最低1人増強☆ロータリー賞の取得を目指す(すぐには手にすることができなくても前向きにチャレンジする)☆ポリオ撲滅への協力☆ロータリー財団への支援☆ロータリーカード取得率40%☆米山記念奨学会への支援です。
ロータリアンの魂とは、より良い世界への切望、より良い世界をつくることは可能だという、心の奥深くにある真の自覚を呼び起こすことから始めましょう。

米子南RCは、引き続き「南の森」、「青少年育成事業」等を継承します。更に、今まで以上に南ロータリーの運営がスムーズにオープンに流れるよう、新たに委員会を設けたいと思います(仮名称、ビジョン委員会)。地区目標に添って達成努力を続け、世界に寄り添い、地域に寄り添い 未来に向け、強く優しいロータリークラブ活動を推進したいと思います。

[会場監督]
・礼儀正しい運営
・アイデアを取り入れ楽しく興味深い例会の実施

[クラブ管理運営]
・例会100%出席を目指す
・担当委員長と協力し、委員会活動に積極的参加を促進

[親睦・出席]
・例会に参加しやすい環境づくりをする(積極的な声掛け)
・会員家族の方々にも出席して楽しめる例会を企画
・同好会活動をサポート

[雑誌・会報]
・ロータリー雑誌の愛読を推進
・ロータリアンの資質向上を図る
・各委員会の活動報告等 週報紙面の充実

[プログラム]
・例会の要であることを認識し外部講師を招へい
・ロータリー月間のテーマを考慮しプログラムを実施

[会員増強・退会防止]
・会員の皆さんに新会員獲得の為の協力をお願いする
・継続的な情報収集をする
・例会に姿の見えない人に声掛けをする

[会員増強]
・新入会員 純増5名
・会員からの情報収集とリストの作成

[クラブ広報・R情報]
・新入会員にロータリーを充分理解してもらう
・地区大会、IMの案内及び参加を促進
・インフォメーション、ファイヤー・サイド・ミーティングの開催
・マスコミ等を利用した広報活動

[奉仕プロジェクト担当]
・担当委員会への指示、助言
・継続事業の推進
・地区補助金の申請、助言

[職業奉仕]
・職業奉仕の理念「四つのテスト」を例会に掲示
・月に一度は必ず「四つのテスト」を唱和
・職場訪問例会の実施

[社会奉仕]
・環境保全活動「南の森」に全員参加で実施
・青少年育成事業の南ロータリー杯野球大会に全員参加で実施
・地区補助金の申請

[国際奉仕]
・R1プログラム活動を紹介する
・国際奉仕活動の実施

[R財団]
・R財団、米山記念奨学会への支援
・ロータリーカード取得率40%以上を目指す
・関係委員会と連携し地区補助金事業の活用

[国際交流担当]
・担当委員会への助言と協力
・国際大会参加を検討する

[ロータリアンの義務]
・会費を納める
・例会に出席する
・ロータリー雑誌を読む

[四大奉仕]
・職業奉仕
・社会奉仕
・国際奉仕
・青少年奉仕

[ビジョン委員会(戦略委員会)]
中長期的に、将来につながる事を考え実行する
・周年記念
・会員増強
・会長選出

▼組織図のPDF版データのダウンロードは以下バナーをクリックしてください▼

※年度別にPDFにてご覧頂けます。

2013〜14年度 組織図>>

2014〜15年度 組織図>>

2015〜16年度 組織図>>

2016〜17年度 組織図>>

2017〜18年度 組織図>>

2018〜19年度 組織図>>