クラブ名称 米子南ロータリークラブ
会長(2019-20年度) 坂本 高司
副会長(2019-20年度) 奥田 義人
幹事(2019-20年度) 田中 康裕
スポンサークラブ 米子ロータリークラブ
創立総会 1985年8月26日(昭和60年)
初例会 1985年8月26日(昭和60年)
RI認証 1985年10月1日(昭和60年)
認証状伝達式 1985年11月23日(昭和60年)
創立時ガバナー 守屋 清(倉敷)
ガバナー特別代表 稲田 松太郎(米子RC)
初代会長 坂口 允彦
チャーターメンバー 40名(内現在会員10名)
事務局 米子市加茂町2丁目204番地
米子商工会議所5F
(TEL)0859-33-6393
(FAX)0859-33-0077
E-mail: info@yonagominami.com
例会場 米子市久米町53番2号
ANAクラウンプラザホテル米子
(TEL)0859-36-1111
(FAX)0859-36-1115
例会日 月曜日 12:30 ~ 13:30
ビジターフィー ¥3,000-
事務局員 入江 弘美

1985年 創立総会・認証状伝達式(チャーターナイト)
1990年 創立5周年記念事業(米子東山野球場レリーフ贈呈式)
1993年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
1995年 創立10周年記念式典
1996年 第500回記念例会
1997年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
2000年 創立15周年
2004年 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2005-06年度 創立20周年記念式典・記念事業(「南の森」里山保全活動)
2006-07年度 地区GSE米国研修リーダー(笠置会員)
2007-08年度 第1000回記念例会
2008-09年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2009-10年度 「南の森」歴代会長記念植樹
2010-11年度 創立25周年 東日本大震災支援活動
2011-12年度 交換留学生派遣(1名/米国へ)
2012-13年度 交換留学生受入(1名/米国より)
2013-14年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
米子南RC杯・米子市学童軟式野球大会開始
2014-15年度 「南の森」しいたけプロジェクト
2015-16年度 創立30周年記念式典・記念事業

不 易 流 行

■基本テーマ
1.感 謝 2.友 情 3.研 鑚 4.増 強

これは、初代坂口允彦会長の掲げられた基本テーマです。 『人との出会いはわれわれの喜びであり、友とのふれあいは人生の至宝であります。(中略) 本年度は設立第 1 年目であり、これより永久に続くであろう「米子南ロータリークラブ」の 「礎」となる年であります。その意義ある会長として、 まず第一に、クラブ創立に際してお世話になった方々に対する感謝の心をもとに、会員相 互の友情を育むことに重点を置きたいと考えております。それには何よりも会員一人一人にと って楽しいクラブ運営がなされなければなりません。 そして、会員がロータリーを理解すべく研鑚を重ねる事も必要であります。 更には、「奉仕の理想」を拡め、クラブの基礎を確立させるために会員増強に力を注がね ばなりません。』

■ご挨拶

伝統ある米子南ロータリークラブの会長を拝命し、就任にあたりその重責に身の引き締まる思いであります。創立三十四年目を迎える本年も、今まで以上に、原点に立ち返り、創 始の精神を再認識し、新たなる時代の潮流を読み取りつつ、より良きクラブの運営にエネル ギーを全力で傾注したいと考えます。具体的には、会員一同が、今一度チャーターメンバ ーを始めとされます諸先輩への輝かしい歴史を築かれたご労苦に対し、感謝の念を再認識 し、今ある会員においては、新たなる友情の醸成を図りつつ、より楽しき例会の企画に加えて、 Rotary の理解を深めるべく様々な研鑚プログラムを実施して参りたいと存じます。また、引き 続き会員の増強にも最大の努力を重ねて参らねばなりません。 これらの実施にあたりましては、昨年から設置しています「長期ビジョン策定特別員会」の 諮問に従い、理事会において入念な議論の上、全会員による例会の場での意見集約を諮 りながら充分なコンセンサスを図って参る所存です。その際、守らなければならない伝統と、時代に対応した変革を同時に行わなければなりません。それにより近年と違った運営となり、会員の皆様にはご迷惑をおかけすることになるかも知れませんが、何卒趣旨ご理解の上、ご協 力を賜りますようお願い申し上げ、所信と致します。

 

 

 

[会場監督]
・伝統ある米子南 RC らしい規律ある例会の運営に心掛けること。
・ビジター・来賓へのおもてなしの配慮を心掛けること。
・全会員が率先して出席できるよう席次等に配慮すること。

[クラブ管理運営]
・担当委員会と連携し、例会出席率の向上を図り、活力あるクラブ管理運営に努める。
・担当委員会への積極的指導・助言

[親睦・出席]
・米子南 RC らしい例会の企画・運営。
・会員相互の親睦・友好を図る。
・会員の例会への出席状況を管理し、出席率の向上を図る。(MC の奨励)

[雑誌・会報]
・「ロータリーの友」等への関心を喚起し、ロータリー情報をわかりやすく広報する。
・週報・会報の企画・編集をする。
・クラブホームページを管理し、速やかにクラブ活動内容を内外に伝達する。

[プログラム]
・是非聞いてみたいと思われるタイムリーな卓話講師を招聘し、魅力ある例会を実施。
・長期 V 委員会と連携し毎月の RI 推進月間テーマを考慮したプログラムを心がける。

[会員増強・退会防止]
・会員増強の情報収集と退会防止策の実施。

[会員増強]
・継続的な情報収集活動を図り、純増2名の会員增強に結びつける。
・8月の会員增強月間に担当例会を企画運営し、全会員からの情報収集を図る。

[クラブ広報・R情報]
・Information や IDM を通じ、会員に対して入会歴に応じたロータリーの情報を提供する。
・クラブの諸活動を、適時内外に情報発信し、公共イメージと認知度の向上に努める。
・地区大会、IM 等の公式行事への参加者を積極的に募集する。

[奉仕プロジェクト担当]
・担当委員会と連携を密に図り、積極的指導・助言を行い、事業の円滑な運営を図る。

[職業奉仕]
・職業奉仕月間に、職場訪問例会を企画運営する。
・毎月4つのテストの唱和を実施し、職業奉仕の理念の周知を図る。

[社会奉仕]
・青少年を巻き込んだ「南の森」の里山保全活動の推進。
・米子南 RC 杯学童野球大会の積極的運営。
・5月の担当例会を企画運営し、全会員に奉仕プロジェクトの今後について理解を深める。
(長期 V 委員会と連携)

[国際奉仕]
・継続可能な国際奉仕プログラムの模索。
・国際大会参加会員への積極的支援。

[R財団]
・ R 財団、米山奨学金についての情報提供と寄附金の奨励。
・ロータリーカードへの加入の推進。

[地区出向]
・地区での情報を速やかに会員に報告する。

[長期ビジョン策定特別委員会]
・米子南 RC の長期的維持・運営の問題点を考察し、策定案を半期毎に理事会に上程。
・年2回の担当例会を通じて、検討課題の抽出と、策定ビジョンの段階的な実践。

▼組織図のPDF版データのダウンロードは以下バナーをクリックしてください▼

※年度別にPDFにてご覧頂けます。

2013〜14年度 組織図>>

2014〜15年度 組織図>>

2015〜16年度 組織図>>

2016〜17年度 組織図>>

2017〜18年度 組織図>>

2018〜19年度 組織図>>

2019〜20年度 組織図>>