クラブ名称 米子南ロータリークラブ
会長(2017-18年度) 吹野 正和
副会長(2017-18年度) 本田 雅一
幹事(2017-18年度) 音田 猛
スポンサークラブ 米子ロータリークラブ
創立総会 1985年8月26日(昭和60年)
初例会 1985年8月26日(昭和60年)
RI認証 1985年10月1日(昭和60年)
認証状伝達式 1985年11月23日(昭和60年)
創立時ガバナー 守屋 清(倉敷)
ガバナー特別代表 稲田 松太郎(米子RC)
初代会長 坂口 允彦
チャーターメンバー 40名(内現在会員10名)
事務局 米子市加茂町2丁目204番地
米子商工会議所5F
(TEL)0859-33-6393
(FAX)0859-33-0077
E-mail: info@yonagominami.com
例会場 米子市久米町53番2号
ANAクラウンプラザホテル米子
(TEL)0859-36-1111
(FAX)0859-36-1115
例会日 月曜日 12:30 ~ 13:30
ビジターフィー ¥2,500-
事務局員 入江 弘美

1985年 創立総会・認証状伝達式(チャーターナイト)
1990年 創立5周年記念事業(米子東山野球場レリーフ贈呈式)
1993年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
1995年 創立10周年記念式典
1996年 第500回記念例会
1997年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
2000年 創立15周年
2004年 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2005-06年度 創立20周年記念式典・記念事業(「南の森」里山保全活動)
2006-07年度 地区GSE米国研修リーダー(笠置会員)
2007-08年度 第1000回記念例会
2008-09年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2009-10年度 「南の森」歴代会長記念植樹
2010-11年度 創立25周年 東日本大震災支援活動
2011-12年度 交換留学生派遣(1名/米国へ)
2012-13年度 交換留学生受入(1名/米国より)
2013-14年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
米子南RC杯・米子市学童軟式野球大会開始
2014-15年度 「南の森」しいたけプロジェクト
2015-16年度 創立30周年記念式典・記念事業

2017-2018年国際ロータリー会長イアンライズリー会長は会長テ-マとして「ロータリー:変化もたらす」と発表されました。「変化をもたらす」とは、人道的奉仕、支援を意味し、これを持続して行うことが要請されます。ロータリー戦略計画の優先項目の推進については
【クラブのサポートと強化】さまざまな考え方や経験を持つ会員がいれば、クラブに新鮮なアイデアがもたらされ、地域のニーズを幅広い角度から理解できます。
【人道的奉仕の重点化と増加】地元や海外での奉仕プロジェクトを通じて、クラブは世界的な人道的問題に取り組みます。これには、平和の推進、疾病との闘い、水と衛生、母子の健康教育の支援、地元経済の発展、環境保護、ポリオ撲滅が含まれます。
【ロータリー公共イメージと認知度の向上】公共イメージが良くなれば、クラブと地域社会の関係も良くなり、入会への関心も高まります。

国際ロータリー2690地区2017-2018年地区ガバナー池上正氏は、地区スローガンを「TAKE ACTION」と掲げられました。行動することはロータリーの合言葉「世界でよいことをしよう!」の基本です。職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕も行動することなしには達成されません。皆様のクラブでは魅力的な計画を策定していることと思いますが、魅力的であればあるほどバリアーが高くなります、歴代のRI会長は行動・実践を奨励しています、ACTIONなきビジョンは夢に過ぎないと、RI会長のテーマVISIONを基に計画し、実践しましょうと発表されました。

米子南RCは、創立32年目に入ります。「南の森」環境保全活動、「しいたけ栽培」の事業を継承し少年軟式学童野球を通じた青少年育成事業も引き続き実施してまいります。本年度は地区目標の最重点目標でもある会員純増2名の増強を目指します。そしてポリオ撲滅への協力、2018年はポリオ撲滅の最終年度になります。それから今年度は、地区補助金の活用ができるよう挑戦します。また、今年度は青少年交換プログラム実行年となります、交換留学生が日本での生活が良き思い出となるよう、メンバー全員で援助したいと思います。
全員参加で南ロータリークラブの活動を進めていきたいと思います。

[会場監督]
・例会時間を厳守し、例会中の私語、早退など例会時のマナー向上の実施。
・お客様(ゲスト)には礼節と笑顔でお迎えし、気持ちの良い例会場とする。
・席順の変化で、会員同士の交流の場を増やす。

[クラブ管理運営]
・担当委員長と協力をし、楽しい例会運営に努める。
・委員会活動への参加意識の向上をする。
・出席率向上の為にも、より活発なクラブ運営をする。

[親睦・出席委員会]
・楽しい例会運営をする、会員同士が交流を深め、クラブ全体が一体感があるようにする。
・花見例会・新年家族例会等、会員家族の方々にも出席して楽しめる例会作りをする。
・同好会活動のサポート。

[雑誌・会報委員会]
・「ロータリーの友」を通じて、情報を共有しロータリー活動に生かす。
・「ロータリーの友」への当会活動の投稿。
・週報紙面の充実。

[プログラム委員会]
・ロータリー月間のテーマを考慮したプログラムを関係委員会と協力して実施。
・会員のイニシエーションスピーチ、会員の内部講師の積極的な活用。
・外部講師を招聘する中で男性講師だけではなく女性講師を増やすことを計画し、編成をする。

[会員増強・退会防止担当]
・会員の皆さんに、新会員獲得の為の協力要請のお願い。
・単年度だけではなく、継続的な情報収集をする。
・担当委員会にとらわれず、会員全員の情報収集と退会防止策をする。
・女性会員の増強を積極的に進める。

[会員増強委員会]
・全会員からの情報収集のお願いと候補者リストの作成。
・新入会員、純増2名の増強。
・女性会員の増強を積極的に進める。

[クラブ広報・R情報委員会]
・地区大会・IMの案内及び参加促進。
・マスコミ等を利用した奉仕活動プロジェクトや他の活動広報を行い公共イメージと認知度を向上させる。
・インフォメーション・IDMの開催。

[奉仕プロジェクト担当]
・担当委員会の指導・助言をする。
・継続事業の推進。
・地区補助金の申請・助言。

[職業奉仕委員会]
・四つのテストの実践。
・職場訪問例会の実施。
・ロータリーカード活用の推進。

[社会奉仕委員会]
・「南の森」の環境保全活動に実施。
・米子市学童野球大会の実施。
・地区補助金の申請。

[国際奉仕委員会]
・RIプログラム活動を紹介する。
・国際大会参加を検討する。

[R財団委員会]
・R財団・米山記念奨学会への支援。
・ロータリーカードの普及のお願い。
・関係委員会と連携し地区補助金事業の活用。

[国際交流担当]
・担当委員会への助言と協力。
・青少年交換学生のサポート。

[青少年交換留学生委員会]
・青少年交換留学生のサポート。
・背少年交換留学生のカウンセリング。

[地区出向、(地区補助金小委員会)]
・補助金の情報を収集し、具体的な活用についての助言。
・地区委員会の活動・情報について、会員への報告。

▼組織図のPDF版データのダウンロードは以下バナーをクリックしてください▼

※年度別にPDFにてご覧頂けます。

2013〜14年度 組織図>>

2014〜15年度 組織図>>

2015〜16年度 組織図>>

2016〜17年度 組織図>>

2017〜18年度 組織図>>