クラブ名称 米子南ロータリークラブ
会長(2020-21年度) 奥田 義人
副会長(2020-21年度) 坂口 元昭
幹事(2020-21年度) 佐久間 信
スポンサークラブ 米子ロータリークラブ
創立総会 1985年8月26日(昭和60年)
初例会 1985年8月26日(昭和60年)
RI認証 1985年10月1日(昭和60年)
認証状伝達式 1985年11月23日(昭和60年)
創立時ガバナー 守屋 清(倉敷)
ガバナー特別代表 稲田 松太郎(米子RC)
初代会長 坂口 允彦
チャーターメンバー 40名(内現在会員10名)
事務局 ※2020年6月~12月は、月・水・金10時~17時の開局となります。
米子市加茂町2丁目204番地
米子商工会議所5F
(TEL)0859-33-6393
(FAX)0859-33-0077
E-mail: info@yonagominami.com
例会場 米子市久米町53番2号
ANAクラウンプラザホテル米子
(TEL)0859-36-1111
(FAX)0859-36-1115
例会日 月曜日 12:30 ~ 13:30
※2020年6月~12月は、コロナ対応の為毎月一回開催(詳細は行事予定参照)
ビジターフィー ¥3,000-
※2020年6月~12月の例会は県外の方のビジターの受け入れは行いません。
事務局員 入江 弘美

1985年 創立総会・認証状伝達式(チャーターナイト)
1990年 創立5周年記念事業(米子東山野球場レリーフ贈呈式)
1993年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
1995年 創立10周年記念式典
1996年 第500回記念例会
1997年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
2000年 創立15周年
2004年 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2005-06年度 創立20周年記念式典・記念事業(「南の森」里山保全活動)
2006-07年度 地区GSE米国研修リーダー(笠置会員)
2007-08年度 第1000回記念例会
2008-09年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2009-10年度 「南の森」歴代会長記念植樹
2010-11年度 創立25周年 東日本大震災支援活動
2011-12年度 交換留学生派遣(1名/米国へ)
2012-13年度 交換留学生受入(1名/米国より)
2013-14年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
米子南RC杯・米子市学童軟式野球大会開始
2014-15年度 「南の森」しいたけプロジェクト
2015-16年度 創立30周年記念式典・記念事業

■ご挨拶

Rotary Opens Opportunities ロータリーは機会の扉を開く
2020-21年度 国際ロータリー会長 ホルガ―・クナーク氏の本年度のテーマです。
ロータリーとは、無限の機会への招待
私たちのあらゆる活動が,どこかで、誰かのために、機会の扉をひらいている。
ロータリーの中核的価値観により,高潔な心をもつ人のコミュニティでありたい。友情と人脈づくりの機会でありたい。だからこそクラブが強くなり、その強いクラブから、強い奉仕の力が生まれる。
持続可能なかたちで、いかにしてロータリーを成長させることができるかを考えたい。
世代の多様性、性別、人種、宗教、文化の多様性がロータリーを成長させることができる。
ロータリーのビジョン声明の最初の一文に
Together,we see a world where people unite and take action to create lasting change ―across the globe,in our communities,and in ourselves.
私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取りあって行動する世界を目指しています
ロータリーに皆が集まり(together)、より活動的になり、新しい人と出会い、そしてロータリーを楽しむならば、若い人や、もっと多くの女性が必要です。絶え間ない変化を受け入れる必要があります
世界は、今まさにダイバーシティ(多様性)と、サスティナビリティ(持続可能性)をもとめています。
私たちクラブはどう成長したらいいのでしょうか。まずは足もとから、増強は力です。そしてロータリーは、財団の基金を有効に活用することを求めています。私たちの寄付という志は、どのような活動に繋がればいいのでしょうか。
ダイバーシティ(多様性)のために女性会員を増やします。若い会員を増やします。もちろん先輩の方々に感謝をし、より深い英知をいただきながら・・。そして、未来の素晴らしいロータリアンを育てるために青少年交換留学制度を定着させたい。又、国際奉仕として、ネパールへの奉仕活動や親睦活動を継続的に支援することとしたい。もちろん里山保全運動の南の森や、少年野球大会のスポンサー活動を、より強く連動させるのはどうしたらいいのか。この地域への奉仕は・・・・・。できることから・・・・・・・・。
一年間よろしくお願い致します。

[会場監督]
・米子南RCの規律の中で 穏やかで笑顔あふれる例会の運営
・来賓・ビジターには礼節と笑顔でおもてなしの配慮を心がけること。

[クラブ管理運営]
・担当委員会と連携し、活力あるクラブ運営に努める

[親睦・出席]
・会員相互の親睦を深め、友情育む諸行事の企画、運営
・家族の方々にも出席したいと思われる楽しい家族例会の企画
・例会への出席状況を管理し、出席率の向上を図る

[雑誌・会報]
・ロータリーの友を通じて、情報を共有し、ロータリー活動を促す
・週報・会報の企画編集

[プログラム]
・ロータリー月間のテーマを考慮したプログラムを関係委員会と協力し実施
・新入会員のイニシエーションスピーチと、会員の内部講師の積極的な活用

[奉仕プロジェクト担当理事]
・担当委員会と連携を密に図り、積極的指導、助言を行い、円滑な運営を図る
・ロータリーデイの開催,及び継続事業の推進

[会員増強・退会防止]
・会員増強の情報収集と退会防止策の実施

[社会奉仕]
・南の森里山保全活動を地域社会への奉仕活動として積極的に参加を促す
・米子南RC杯学童野球大会の青少年育成事業として積極的に支援、運営を図る

[社会奉仕]
・南の森里山保全活動を地域社会への奉仕活動として積極的に参加を促す
・米子南RC杯学童野球大会の青少年育成事業として積極的に支援、運営を図る

[職業奉仕]
・職業奉仕月間に、職場訪問例会を企画運営する
・毎月4つのテストの唱和を実施、職業奉仕の理念の周知を図る

[国際交流担当理事]
・継続可能な国際プログラムの提案、実施
・委員会への助言

[国際奉仕]
・新たなる国際奉仕活動の推進
・青少年交換留学制度の奨励
・国際大会参加への積極的支援 10名以上地区目標

[R情報・クラブ広報担当理事]
・メディア等を活用し、積極的な広報活動を進め、公共イメージと認知度の向上に努める
・地区大会、IM等の公式行事への積極的参加を促す

[会員増強・退会防止担当理事]
・会員増強の意義と継続的情報収集、及び退会防止策の実施

[会員増強]
・会員増強月間に、担当例会を企画し、全会員からの情報収集を図る
・世代の多様性を考慮し、女性会員の積極的加入を求め、純増2名を目指す

[ロータリー財団担当理事]
・ロータリー財団、米山奨学金についての意義説明と、寄付金の奨励
・ロータリーカードへの加入の推進

[長期ビジョン策定委員会]
・クラブの長期的なビジョンの策定を助言する

[地区ポリオプラス小委員会 出向]
・ポリオの根絶を目指して、RI、地区の情報をクラブ会員に伝達し啓蒙する

▼組織図のPDF版データのダウンロードは以下バナーをクリックしてください▼

※年度別にPDFにてご覧頂けます。

2013〜14年度 組織図>>

2014〜15年度 組織図>>

2015〜16年度 組織図>>

2016〜17年度 組織図>>

2017〜18年度 組織図>>

2018〜19年度 組織図>>

2019〜20年度 組織図>>

2020〜21年度 組織図>>