クラブ名称 米子南ロータリークラブ
会長(2022-23年度) 福井 龍介
副会長(2022-23年度) 宇佐見 明
幹事(2022-23年度) 鹿島 康裕
スポンサークラブ 米子ロータリークラブ
創立総会 1985年8月26日(昭和60年)
初例会 1985年8月26日(昭和60年)
RI認証 1985年10月1日(昭和60年)
認証状伝達式 1985年11月23日(昭和60年)
創立時ガバナー 守屋 清(倉敷)
ガバナー特別代表 稲田 松太郎(米子RC)
初代会長 坂口 允彦
チャーターメンバー 40名(内現在会員7名)
事務局 月・火・水・木・金 10時~17時
米子市加茂町2丁目204番地
米子商工会議所5F
(TEL)0859-33-6393
(FAX)0859-33-0077
E-mail: info@yonagominami.com
例会場 米子市久米町53番2号
ANAクラウンプラザホテル米子
(TEL)0859-36-1111
(FAX)0859-36-1115
例会日 月曜日 12:30 ~ 13:30
ビジターフィー ¥3,000-
事務局員 入江 弘美

1985年 創立総会・認証状伝達式(チャーターナイト)
1990年 創立5周年記念事業(米子東山野球場レリーフ贈呈式)
1993年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
1995年 創立10周年記念式典
1996年 第500回記念例会
1997年 交換留学生派遣(1名/米国へ)*受入(1名/米国より)
2000年 創立15周年
2004年 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2005-06年度 創立20周年記念式典・記念事業(「南の森」里山保全活動)
2006-07年度 地区GSE米国研修リーダー(笠置会員)
2007-08年度 第1000回記念例会
2008-09年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
2009-10年度 「南の森」歴代会長記念植樹
2010-11年度 創立25周年 東日本大震災支援活動
2011-12年度 交換留学生派遣(1名/米国へ)
2012-13年度 交換留学生受入(1名/米国より)
2013-14年度 インターシティミーティング(主管/米子南RC)
米子南RC杯・米子市学童軟式野球大会開始
2014-15年度 「南の森」しいたけプロジェクト
2015-16年度 創立30周年記念式典・記念事業

■ご挨拶

2022-23米子南RCスローガン

“Let’s make it happen!”

「Let’s make it happen!」は、直訳すると「さあ起こそうよ」ですが「実現させよう」「やってみようよ」というニュアンスだそうです。私が40歳頃に出会ったコンサルタントから私へのメールの文末には、必ずこの言葉が書いてありました。時間をかけて熟考と検討を重ねることも大切ですが、行動の先に未来があります。実際に食べてみなければ、リンゴの甘酸っぱさを理解することはできません。ロータリーのプログラムにも積極的にご参加頂き、ロータリアンの喜びを実感できる場と機会を、会員と共に創って行きたいと考えています。

本年度国際ロータリーのジェニファーE.ジョーンズ会長は、ロータリー100年以上の歴史で初めての女性会長です。少々遅かった気もしますが、常に「ダイバーシティ(多様性)」を標榜している組織として、確実に変革の歩みを進めている事を感じ、新しい風に期待は大きく膨らんできます。2022-23年度国際ロータリーのテーマは、「イマジン ロータリー」です。文字通りロータリーの活動が、世界へとつながっていることを想像し、実感できる一年にしていきます。

今年37周年を迎える当クラブにとって本年度は、コロナ禍で活動に制約のあったイレギュラーな2年間を終え、例年通りの活動に戻る年になる予感がします。まずは通常の活動を進めることで、会員同士の「絆」を取り戻すことから、始めなければいけません。同時にこれからの5年間に予定されている、ビッグイベントに対応する為の、準備、基礎固めの年ともなるでしょう。その為には2690地区友末誠夫(ともすえしげお)ガバナーの年度地区最重点目標である「会員増強」にも積極的に取り組み、喜びの輪を拡げて参ります。

いま世界が大きく揺れています。コロナ感染症、戦争、地震・台風を始めとする異常気象や自然災害など、私たちの生活を根底から揺るがす出来事が連続して起こり、出口のない鬱々とした気分が世の中を覆っています。子供のころ夢見た「21世紀」はどこへ行ってしまったのか。ロータリーの活動を通して、地域を覆っている重苦しい雲を吹き飛ばして行こうではありませんか。

さあ、やってみましょう!「Let’s make it happen!」

【基本方針】
1. 感染症対策を万全に、可能な範囲で通年の活動に戻す
2. 会員間の「絆」を深め、華(はな)のあるロータリーらしい会運営を行う
3. 今後5年間のビッグイベントの準備と基礎固めを行う
4. 会員増強純増4名(うち少なくとも2名は女性)
5. 2023年国際大会への参加(メルボルン/オーストラリア)

[親睦・出席委員会]
各行事の企画と運営は、ロータリーらしい気配りを心がけ、交流の場を提供すると共に、
行事出席率の向上を図ることで、コロナ禍で希薄となった会員間の絆をさらに深める。

●例会受付・設営・お祝い企画運営
●SAAと協力し出席状況管理と出席率向上を図る
●夜間例会・拝賀式など企画運営
●地区大会他市外行事移動段取り
●高松グリーンRC対応

[雑誌・会報委員会]
ロータリークラブ機関雑誌、月信などの愛読を推進し、会員の資質と教育の充実を図ると共に活動の記録を行う。

●週報、会報の編集
●記録写真撮影と整理、保管
●「ロータリーの友」紹介を通じての情報共有

[プログラム委員会]
卓話講師はRIの特別月間を念頭に置き、「楽しくて為になる」例会プログラムを企画すると共に、会内の絆を深める為に会員講師を計画的に配置する。

●例会プログラムの計画、準備、手配
●例会卓話講師の選定・調整
●例会当日の講師対応

[社会奉仕委員会]
三つの継続事業を通じて地域の環境の保全と活性化に寄与し、行事を通して青少年の育成支援を行う。

●里山保全活動「南の森」
●南の森しいたけ山プロジェクト
●米子南RC杯学童軟式野球大会の支援

[職業奉仕委員会]
職業を通して地域の再発見と学習の機会を会員に提供する。

●例会にて「4つのテスト唱和」
●職場訪問例会の実施

[国際奉仕委員会]
国際大会の参加、ネパールの支援を通じ140万人が参加する国際的な団体であることの意義の理解と国際貢献の機会を提供する。

●国際大会(メルボルン)参加企画立案
●ネパールRHESC鍼灸学院支援(地区世界社会奉仕(DWCS)助成金事業計画立案申請)

[広報・R情報委員会]
ロータリーの活動を地域に紹介する機会を増やすことで、活動の輪をさらに広めると共に、クラブ会員に向けて、
ロータリーの情報と意義の理解を深めていく

●クラブ外への広報活動(事業など)を通じて公共イメージの向上を図る
●新会員入会前インフォメーション実施
●IDM実施(年2回)
●マイロータリー登録推進(90%以上)

[会員増強・退会防止委員会]
クラブの活動の輪を広げ、深める為に、一人でも多くの適格者を誘い、入会を促すと共に退会の防止に努める。

●会員純増目標4名の達成
●女性会員2名以上の入会促進(地区最重点目標)
●ランチミーティングの開催(年4回)
●退会防止活動の実施

[ロータリー財団委員会]
R財団の意義を会員に伝え、理解を深めると共に寄付目標の達成に努める。又、補助金申請の窓口として担当委員会を導く。

●R財団、米山記念奨学会寄付啓蒙
●ロータリーカード加入促進
●補助金申請の窓口、調整

[長期ビジョン委員会]
複数年度を念頭に置いたクラブの中期活動方針を理事会に提言する。また理事会の諮問に応える。

●クラブの中長期計画に対する助言・応援
●今後5年間に予定されているビッグイベントの準備に対する助言

▼組織図のPDF版データのダウンロードは以下バナーをクリックしてください▼

※年度別にPDFにてご覧頂けます。

2013〜14年度 組織図>>

2014〜15年度 組織図>>

2015〜16年度 組織図>>

2016〜17年度 組織図>>

2017〜18年度 組織図>>

2018〜19年度 組織図>>

2019〜20年度 組織図>>

2020〜21年度 組織図>>

2021〜22年度 組織図>>

2022〜23年度 組織図>>